Power & The Glory~You'll Never Walk Alone.

セレッソ大阪&Liverpool応援ブログ

【第16節】vsサンフレッチェ広島~お互いの弱点が今の順位かな。

セレッソ大阪 vs サンフレッチェ広島

5月26日(日) 15:00 K.O.   at ヨドコウ桜スタジアム

 

前回の4-2-3-1を継続です。

ブエノをトップ下に置く戦術。

 

しかしながら、広島さんの出足の早さに圧倒されます。

セレッソがボールを繋ごうとすると、あっという間に

2,3人に囲まれてしまって、圧倒的に攻め込まれる展開。

何度もあったCKも含めて、何とか堪えるのが精一杯。

というか、広島さんの悩みは明らかに決める人。

これがあれだけ素晴らしいフットボールを展開していても

中位に留まっている原因なのでしょう。

ファイナルサードで急に一杯一杯になってしまってます。

 

セレッソは攻め手が少ない中で、何とかクルークスへ

ボールを届けようとするものの、佐々木のカバーが秀逸。

セレッソレベルの精度では何度もボールを奪ってしまいます。

 

そんな中、後半には耐えていたCKから失点してしまいます。

まあ、あれだけCKのチャンスがあれば、いつか決まるかな。

 

攻め手がないセレッソは前節から徹底的にやってきたセットプレー。

圧倒的な劣勢なゲームでも勝ち点を取る術はセットプレーです。

今回もCKから同点に追いつきますが、

マンマークで守る広島さんに対して、セレッソは常に塊を作って、

ボールを蹴ると同時に散らばる作戦に。

しかも固まる位置はファーやったり、ニアやったり、

浅かったり、深かったりと場所も常に変えていて、

ファーに固めといてニアに1人走り込んだりと、

広島さんの守り方に合わせたセットプレー作戦でした。

セットプレーに強い広島さんからセットプレーで

得点出来た点は、対策の結果だと思います。

 

同点の後は、広島さんがさすがに試合開始から

圧倒的なプレスを掛け続けていた点と、

得点が動いたことによってややオープンな

展開になりつつありましたが、

そうなるとセレッソはプレスを交わして

前に繋げるようになります。

しかし、それが逆に相手のカウンターの餌食になりやすく、

ここからはジンヒョンが良くも悪くも目立ちまくりの

バタバタになりましたが、

やっぱり、広島さんの課題は決める人。

決める能力が課題として目立ちまくりのまま試合終了。

セレッソ的には助かった点とセットプレーへの

こだわりはかなりのものだと思った試合でした。

 

しかし、陸次樹、松本、新井。

セレッソが育てることが出来なかった選手達の躍動を見ていると、

「育成のセレッソ」の言葉が虚しくなります。

 

 

【Liverpool】 Danke Jurgen Klopp

今日でクロップの最後のゲームとなりました。

この日のAnfieldの雰囲気は最高でした。

最後の挨拶もクロップらしくて、

もうフットボール人生の教科書そのものです。

更に次の監督(まだ公式未発表)のチャントまで歌い出して、

これからも続くクラブへのメッセージも素晴らしくて、

本当に最後までクロップはクロップでした。

本当に幸せな9年間でした。

暗黒時代しか知らないThe KOPにとって、

こんな幸せな9年間はありませんでした。

最高の思い出をありがとうクロップ。

 

リバプールのクロップ監督が総立ちのファンに送った言葉 これは、人生で聞いておくべきスピーチ - プレミアリーグ : 日刊スポーツ

【第15節】vsアビスパ福岡~4-2-3-1とセットプレー。

セレッソ大阪 vs アビスパ福岡

5月18日(土)16:00 K.O.   at ベストアメニティスタジアム

 

フロントがダメでも現場は頑張らないと仕方ありません。

直接、福岡に乗り込んで修正を図った小菊監督ですが、

そこで徹底的に仕込んだのがセットプレー。

最近、流行りの言葉で「デザインされた」と

使われて久しい昨今でありますが、

まさしく、セットプレーを徹底的に磨いてきた2日間だった?

と思わせるくらいに、この試合では

セットプレーで得点するんだというチームとしての

統一意識を持っていたように思います。

ユンさんもこのセットプレーに関しては

1つの得点パターンとして確立していて、

健勇の得点が増えたのも、ここを徹底的に利用した

ユンさんの作戦でした。

そう、近代フットボールにおいて勝ち続けるには

セットプレーの重要性は言うまでもありません。

華麗に崩して勝つ。は理想ですが、

そんなチームで優勝するには多くのお金と信念が必要です。

今のセレッソにおいてもレオセアラ、駿汰、舩木と言った

強力な選手と更にCB2人もいて、

蹴る側もLフェルナンデス&クルークスと左右に

素晴らしいボールを蹴れる選手がいるので、

セットプレーを使わない手はありません。

 

そして完全崩壊した守備は

4-2-3-1へフォメを少し修正してきました。

奥埜が1列下りて、駿汰とダブルボランチを組むことで、

散々使われていた駿汰の脇のスペースを埋めてきました。

トップ下と言うポジションが出来たことで

ブエノも使いやすくなりますね。

この選手は守への切り替えが遅く、ボールが奪われた時には

行方不明になることがしばしばあるので、

IHで使うには使いにくい選手だったですが、

ある程度、攻撃に専念できるトップ下は使いやすいです。

それでもって、攻撃の時には一気に前にも顔を出す奥埜。

この暑い中での圧倒的な走行距離は頭が下がる思いです。

 

8分 先制のセットプレーもLフェルナンデスが

  直接、入れるのではなく右のブエノに出してからの

  ループ気味に入れたボールからごちゃごちゃしたとこで

  先制ゴールが生まれました。

  この試合、何度も見せたこの形。準備してきた成果です。

  ただ、1回目で決まったことはラッキーでしたが。

 

28分 CKからの2点目ですが、ここも狙い通り。

  CBをブロックする選手とそこへ飛び込む選手。

  明らかに明確になっていました。

  奥埜がブロックして作り出したスペースに

  セレッソは西尾と駿汰が飛び込んでいましたので。

  結果として駿汰が楽々叩き込んでの2点目です。

 

この後、審判にイライラする福岡さんが自滅していき、

退場者も出したこともあって、さすがに守備が崩壊気味だった

セレッソも逃げ切りを図っての6試合ぶりの勝利となりました。

 

退場のシーンは微妙だったので、ワヤワヤしてますが、

その前にあの選手には2回くらいケガをさせられそうやったので、

合わせ技で2枚目の黄紙といったところでしょう。

退場にしとかないと選手が潰されそうで嫌やったです。

故意に傷つけるプレーが多い選手はそもそも嫌いなので、

微妙な黄紙の退場になって、ちょうどいいなと思っていました。

判定に文句言う前に、故意に傷つけるプレーを何とかせーよ。

 

今回の修正は小菊監督らしいところかなと思います。

周りはもっと早くしろと思いますが、ゲームの世界ではないので、

選手との信頼関係や練習時間等々、実際に現場は難しいので、

まあ、そんなもんやと思っています。

その中で、セットプレーは短時間で「デザイン」出来るので、

選択肢としてはアリですが、対策する側も同じで、

短時間で対策されてくるので、

シーズンを通しての対策とはなりません。

こうやって少し批判を和らげている間に、

次なる1手を考えねばなりませんね。

 

天皇杯を挟んで、次は広島さんです。

正直、今回のような付け焼刃で何とかなる相手ではないので、

厳しい戦いになると思いますが、割り切った戦いの方が、

今日のように個を生かせるかもしれませんね。

ガチンコでやり合うと、攻撃中にボールを奪われて

一気に裏返されて失点するイメージしかありません。

守備偏重&セットプレーで一発くらいの割り切りが丁度いいかも。

 

【第14節】vsFC町田ゼルビア~どんどん苦しくなる。

またもや守備がボロボロですね。

今日は西尾がスタメンに復帰しましたが、

1失点目の守備が典型的で、

この人は戻りながらの守備はとても苦手です。

どちらか言うと中でどっしり構えて対人の守備が

得意なタイプであり、要するに、ブロックを作って

リトリート戦術を取るチーム向きですね。

それをハイライン戦術を取るセレッソでは

戻りながら守備をすることが多くて、

選手の特性とチーム戦術が合っていません。

 

そして攻撃はと言うと

もうレオセアラのマリーシアしか得点源がありません。

とにかくレオセアラにボールを持たせて

エリア内に侵入すれば、数回に1回はPKをもらえます。

それ以外は得点するニオイがしません。

なので、この試合のPK獲得シーンも

喜びはなく「またかー」と情けない気持ちになりました。

もう恥ずかしいのでPKは無しでお願いしたいくらいです。

 

そしてせっかく同点になったものの、

勝利への執念が町田さんとセレッソでは

圧倒的に町田さんの方が上回っていましたので、

結果はなるべくしてなった。だけだと思います。

 

なので、試合の振り返りはこのくらいです。

 

今日もセレッソユースでありながら移籍した藤尾を見ながら、

今のセレッソの現在地を思い浮かべていました。

蛍のコメントも見ました。

(Hjm TOOOCHANさんありがとうございます)

セレッソのクラブとしての問題は本当に大きいと思います。

やっぱり、私はユンさんの解任からクラブに不信感しかありません。

蛍が残した言葉の通りです。

ユンさん=クラブではなく柿谷を選んだ選択。

あれが分岐点です。

私の愛するもう一つのクラブであるLiverpoolも

同じような境遇に何度も出くわしていますが、

その度に

「クラブより偉大な選手はいない」と

選手を放出してきました。

マスチェラーノトーレススアレスコウチーニョ等々

スター選手であろうと一度もこの哲学は曲げていません。

コウチーニョの移籍騒動の時にクロップは

「これまでにも重要な選手たちが去っていっている。

 だがクラブは常にここにある。

 リバプールFCの心と魂が移り行くことはない。」

とクラブのステータスを上手く表現してくれました。

この「心と魂が移り行くことはない」という

コメントは当時、本当に鳥肌が立ちました。

 

だからと言って勘違いしないでください。

柿谷に対して別に悪い感情は一切ありません。

クロップも先ほどのコメントの前で言っていたように

「これもフットボールの1部」

だからです。

ただ間違った選択をしたクラブに対してだけ

不信感を持ち続けています。

そして間違った選択をしたクラブには

良い選手は残りませんし、来てもくれません。

もちろん、プロの世界なのでお金を積めば

ある程度は集まるかもしれませんが、

忠誠を誓う選手は集まらないでしょう。

だから調子が落ちてくると、今のように集中できないのです。

調子が良い時はいいのでしょうけどね。

 

逆に蛍はJ2に落ちようが、セレッソに残ってくれるくらい

セレッソに対する愛を感じています。

そんな選手が出ていく意味。

そして、他クラブにいながらセレッソへの愛着を語る意味。

本当に変わるべきはクラブだと思います。

蛍はサポータに嫌われているとコメントしましたが、

私は今でも大好きな選手です。

私は基本的に他チームの選手には興味がありません。

クラブ愛が強すぎて、移籍した選手には

恨みもしなければ、そもそも興味がないのです。

しかし、蛍だけは今でもセレッソの選手として

特別な感情を持っています。

 

今、やるべきこと。

レオセアラ、Lフェルナンデス、カピシャーバ、クルークス、

ブエノ、キヨ、香川の個人技で勝負することではありません。

 

北野、山田、上門、柴山達を育てることじゃないでしょうか?

中原は「セレッソにだけは戻りたくない」と言って出て行きました。

陸次樹も広島から話があると喜んで帰って行きました。

為田も明らかにヤル気を失ったプレーになってしまいました。

北野、山田、上門は中途半端な出場機会で成長が止まってしまいました。

これを見ている藤尾は移籍して当然じゃないでしょうか?

これでは若手がいなくなり、常にお金で選手を集め続けねばなりません。

これって長く続くクラブに本当に有益でしょうか?

 

今の結果はクラブがもたらした最悪の状況です。

 

【第13節】vsヴィッセル神戸~繰り返す負の歴史。

開幕節から指摘していた

「攻撃偏重」

「個の能力頼み」

結局、3,4月中旬までは対戦相手にも恵まれて

誤魔化せていましたが、対戦相手が上位になり、

各チームの組織力が向上してくる4月後半からは、

太刀打ちできなくなりつつあります。

もう今のセレッソでは残留争いへの道へ

まっしぐらですね。

しかも攻撃偏重の割に攻撃はと言うと、

Lフェルナンデスとレオセアラの個人頼み。

相手もしっかりと対策して挑めばそこまで

簡単には失点しませんしね。

 

ユンさん、ロティーナが教えてくれたこと。

フットボールはまず守れないとダメ。

そう、この2人は基本中の基本を教えてくれました。

だから結果を残せたのです。

ユンさんはチームの規律、ロティーナは戦術の規律を

更に教えてくれました。

しかし、攻撃偏重のクラブの志向とは逆行しており、

フロントからすると「面白くない」「退屈だ」と

2人もセレッソの歴史で最も結果を残した

監督であるにも関わらず、なんとも酷い解任劇。

そしてクルピ再招聘により大失敗。

小菊監督もユンさんやロティーナで学んだ

フットボールを少しづつ進めていたにも関わらず、

フロントは攻撃的な個の能力が高い選手を乱獲。

小菊監督の目指す形とは全く違う選手獲得と

フロント主導による強引なる「攻撃偏重」により崩壊状態。

 

レオセアラ、クルークス、Lフェルナンデス、カピシャーバ、

全くフィットしないが同罪のブエノ。

高額な移籍金or給料で乱獲した攻撃的選手達。

思い出しますね。2014年を。

フォルランを獲得して降格したシーズンを。

今回は一人ではなく人数で勝負していますが、

やっていることは同じです。

 

同じ過ちを犯さぬべく、しっかりと育成を行い、

チームに規律をもたらし、守備のベースを作り、

上位で戦える術を身に付けたと思っていましたが、

30年のメモリアルイヤーという足かせが、

完全に過去のセレッソに逆戻りさせてしまいました。

 

皮肉にもユンさんvs柿谷の時に

柿谷を選んだクラブを猛烈に批判して

愛するセレッソを後にした蛍に

ゴールを決めてもらえたことは、

そんな歴史を思い出すには十分なゴールです。

蛍、ありがとう。今日も素晴らしいプレーでした。

セレッソのフロントに一石を投じてくれたのに昔のままでした。

 

タカもしっかりと復活していて、

何度も高徳への素晴らしいロングフィード

緊急右サイドのコンビを脅かすには十分な武器でした。

 

歯車が狂ったセレッソはここから

残留争いという過酷な戦いが始まると思います。

クラブが目を覚ませねばならぬ時です。